腎臓機能を低下させる腎臓病|病院で治療して病気を克服しよう

nurse

体調が悪いと感じたら

患者

体調が悪く微熱が続くようなときには、早めに内科を受診しましょう。世田谷区には多くの病院がありますから、どの病院がどこにあるのかを事前に確認しておくことをおすすめします。そうすれば、いざ体調が悪くなっても安心です。

詳細へ

アレルギー疾患の治療

男性

都筑区の内科の病院にはアレルギー外来があり、アレルギー疾患の専門的な治療が受けられる。都筑区の内科では、食物依存性運動誘発アナフィラキシーの治療も行っている。花粉症やハウスダストが原因のアレルギー症状の治療も可能である。

詳細へ

早めに診てもらいましょう

医者

歩くときに膝が痛む場合は、変形性膝関節症という病気である可能性があります。神戸の整形外科は変形性膝関節症の治療に対して高い専門性を持っているので、痛みがひどくならないうちに早めに診てもらうことが大切です。

詳細へ

腎臓の機能低下を防ぐには

女性

腎臓病とは、腎臓の機能が落ち、体に様々な悪影響を及ぼす病気です。腎臓の主な働きは、体内に必要な物質を再吸収し、老廃物を体外へ排出する働きをになっています。そのため腎臓の機能が低下すると、体内に老廃物がたまり、尿毒症になって最終的には死に至ることもあるのです。腎臓病の症状は、浮腫、心不全、高血圧、嘔吐、貧血など多々あります。腎臓病の治療は薬物と食事療法が必要で、薬物療法では高血圧の管理が重要となります。腎不全が進行すると、透析療法を導入します。透析療法には血液透析と腹膜透析があり、血液透析は週に数回数時間通院して行います。腹膜透析は自宅で可能ですが、腹膜炎を起こす場合があるのと、長期間はできないという特徴があります。

また、腎移植も透析療法と同様に腎臓病には重要な治療法です。心臓が止まったドナー、脳死のドナーから移植を受けるか、生きている方から移植を受けます。腎臓は2つあるため、1つを摘出しても問題なく生存できるためです。脳死の方、生きている方からの腎臓の生着率(腎臓が体に適応し生き延びること)はひじょうに高く、心臓死の方からの腎臓でも10年生着率は80%以上です。これらの高い生着率は、新しい免疫抑制薬の開発や、ドナー登録によるHLA抗原や血液型のマッチングによります。医療技術は進歩していますので、腎不全が末期になっても生存率は向上していくと思われます。また、透析の技術も向上しており、透析になってもより長く生きられるようになってきており、寿命はより長くなると思われます。腎臓病になってもあきらめずに治療を続けることが大切です。